ドクターセノビル|口コミに騙されるな!!【効果を検証】

身長サプリ アルギニン 効果

 

身長に関するサプリメント、いろいろありますね。

 

それぞれどう違うの?
どれが一番効果があるの?
値段は?
味は?

 

気にするポイントはいくつも浮かびます。
でも、やっぱり一番気にすべきは、効果があるかないかでしょう。
高くても安くてもお金をわざわざ使うわけですから、効果が出ないともったいないですよね。
効果を出すために何を補うか、それぞれの着目点をみてみます。

 

身長サプリの着目点

違いは、成長のもとである栄養に着目するか、成長ホルモンに着目するか、この2点です。

 

栄養について

まずは栄養についてです。

 

成長期のお子さんに重要な栄養素はカルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質で、サプリメントもこれらを補うものになります。

 

@カルシウムは骨を強くします。
Aマグネシウムは骨の強度や弾力性を調整します。
B亜鉛はタンパク質の生成を促します。骨はタンパク質でできていますから骨を成長させるということです。
Cタンパク質は、骨を形作る材料です。これがないと始まりませんね。

 

特に少食だったり、偏食気味のお子さんであれば成長するだけの栄養が足りているか気になるところです。
ただいずれも食べ物に含まれるものだけに、いろいろな食べ物に気を配り、なんとかしたいですね。

 

成長ホルモンについて

次に成長ホルモンについてです。

 

メッシは「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と診断され、成長ホルモンを投与し、身長を伸ばしました。
ただしこの治療には多額の費用がかかりますから、契約チームがその金額を負担したそうですが。
このことから成長ホルモンは成長に直結するということがわかりますね。

 

成長ホルモンの分泌を促す成分はアルギニンです。
消費の激しい成長期など特別な時期には必ず要るということで「準必須アミノ酸」に指定されています。
アミノ酸の一種であるアルギニンですから、タンパク質の多い食べ物から生成できます。
が、残念ながら子供ではそれを作り出す力が弱いとのことです。

 

タンパク質との関係性

生成する力が弱いなら、それ以上にタンパク質を摂ればいいわけですが
少食なお子さんは体の大きなお子さんほどには食べられないことが多いですよね。
それでも(お母さんに言われて)頑張って食べているのに伸びないとあっては、よけいに食べる気がなくなります。
そこで、栄養を伸びにつなげる成長ホルモン分泌に着目し、アルギニンを補うサプリメントがあるわけです。

 

アルギニンならおすすめはドクターセノビル

そのアルギニンに特化したサプリメントがドクターセノビルです。
アルギニン含有量は1袋で2500mgと高く、一日2袋で5000mgも摂れます。
これだけの量が入っているお子様向けの成長サプリは他にはありません。

 

 

栄養を強化するか、成長ホルモンの分泌を強化するか。
準であっても必須と指定されているアルギニン、成長ホルモンを直接促すアルギニン、効果につなげるならこちらです。